HOME > 学科紹介 > カリキュラム
学科紹介

カリキュラム

栄養、医学、衛生などの専門的な知識とともに、調理の技能を身に付けます。
食と栄養に関する実践的な学びが基本です。

「栄養士養成教育は、『社会生活と健康』『人体の構造と機能』『食品と衛生』『栄養と健康』『栄養の指導』『給食の運営』という6分野の必修科目で展開されます。医学・生物、化学関連の科目が多いのが特色で講義と実験があり、調理実技はもちろん、給食を想定した大量調理の実習も行われます。本校ではこれらの必須科目に加え、時代のニーズを反映した特別講義、現場でのコミュニケーション能力を高める人間教育に力を注いでいます。基礎教育科目については、他大学等においてすでに単位を修得済みの学生を対象とした、既修得単位認定制度もあります。




基礎教育
科目
専 門 教 育 科 目
社会生活と健康 人体の構造
と機能
食品と衛生 栄養と健康 栄養の指導 給食の運営 その他
(特別講義)





心理学

法学

現代社会学

化学

生物学

情報リテラシー

英語

健康の科学

公衆衛生学

社会福祉概論

生化学

生化学実験

解剖生理学

解剖生理学実験

運動生理学

病理学

食品学総論

食品学各論

食品学実験

食品衛生学

食品衛生学実験

基礎栄養学

応用栄養学

応用栄養学実習

臨床栄養学総論

臨床栄養学各論

臨床栄養学実習

栄養指導論1

栄養指導論2

栄養指導実習1

栄養指導実習2

公衆栄養学

調理学

調理学実習1

調理学実習2

調理学実習3

給食実務論

給食管理基礎実習

給食管理実習

校外実習

給食管理基礎演習

スポーツ栄養論

栄養士認定試験

対策講座

管理栄養士ゼミ

特別調理実習

海外生活事情

フードサービス演習

食生活改善指導

献立立案

専門教育科目

調理学実習

調理の基本的な技術を身につけ、幅広い調理力を養う実習です。

日本・西洋・中国料理を通して食品の調理性に関する実践的知識と調理技術を身に付けます。そのほか、季節の行事食や郷土料理、世界各国の料理も実習を通して学び、食育を担う栄養士に恥じない知識をも修得します。

給食管理実習

献立作成や大量調理を通して給食サービスに必要な技術を身に付ける。

「病院や学校などで出す給食(大量調理)は、調理法やスピード、衛生への配慮が求められます。実習では、献立作成から実施、評価までの一連の実務を通して、給食運営の基本的な技法を学ぶとともに、判断力と応用力を培います。」

食品衛生学実験

さまざまな実験を通して食品の衛生検査の手法を習得する。

「食品の衛生検査を行う場合の基本的な手法と技術の習得、および得られた結果について正確な判定ができる能力を育てます。また、調理の現場において、迅速にかつ簡単に検査・判定できるキットを使った実験も行います。」

syoukai_04_2.jpg

臨床栄養学実習

栄養管理、栄養指導の立場から治療に参加できる能力と技術を育成。

 「糖尿病や肥満、高血圧など疾患に対応した栄養管理の理論と方法を学んだ上で、実際の献立作成や、それぞれの疾患に対して治療効果の高い食事提供のための知識と技術を、実習を通して体得します。病院や介護施設などで実践できる技術を身につけます。」

syoukai_06.jpg

その他の特別科目

献立立案

実務者による本学独自のシラバスで、食事形態や治療食に展開できる応用力を身につけます。

指定の栄養量で献立を立てるだけでなく、健康増進のためのバランス食や疾病を対象にした特別食など、対象者に応じて様々な種類の食事が提供できる、献立立案力を養います。栄養調整や治療に貢献する献立を作るため、栄養成分や栄養量算定方法、疾病ガイドラインなどを学び、幅広い知識を持った栄養士をめざします。

syoukai_07_2.jpg  

特別調理実習

卒業後に価値を実感できる、徹底的に「現場」をイメージした実習。

「特別調理実習の3本柱は、「真空調理」・「介護食」・「オリジナルメニュー実習」。介護が必要な方の状況に合わせ、健康的な食生活が送れるよう配慮した食事作り・献立作成ができる応用力を身に付けます。現場経験の教員による指導のもと、最新な給食現場の情報を反映して、実務に即した実習を行います。

食生活改善指導

時代が求めるスペシャリスト。栄養と健康の、高い専門性を身に付けます。

「生活習慣病予防のためのスキルを身に付け、メタボリックシンドロームと診断された対象者に3ヶ月以上の継続した支援を行う食生活改善担当者を育成します。対象者に合わせた提案・指導ができるよう、知識だけでなくコミュニケーション力を向上させるカウンセリング演習にも力を入れています。」

   

スポーツ栄養論

アスリートの栄養管理スキルは、すべての栄養指導に活用できます。

「スポーツに応じて有効的にアスリートの身体を作るには、運動・栄養・休養という健康三要素の質とタイミングが重要となります。トップアスリートの食生活や身近な体験を事例にし、栄養指導業務に携わる職業全般に活かせる内容。スポーツ栄養論は、運動と栄養を絡めて考える応用栄養学です。

ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
〒451-0076 名古屋市西区東岸町2-53-1 TEL:052-521-2251(代)